ペット快適生活&犬猫の里親探し
母子犬の保護から譲渡まで、この2週間は大忙しでした。
犬の保護は、リスクが伴います。里親が決まらないまま大きくなった場合、自分が引取らなければなりません。既に我が家は、犬も猫も定員オーバーな為、なかなか手が出せませんでした。
でも今回は、全て里親が決まり本当に安心しました。

私が掲載した里親募集のサイトを見て、里親にはなれないけれど応援したいと連絡をくださった東京のF様や譲渡時のアドバイスを下さった茨城県内で保護活動をされているLさんから励ましのメールを頂き、最後まであきらめずに頑張る事ができました。本当にありがとうございました。

次に出会う不幸な犬猫を救う為には、どんなに情が移ってしまっても里親に出さなければならないことは、十分理解しつつ、お届けの帰路はいつも涙になってしまいます。

【2009/10/28 23:13】 | 未分類
トラックバック(0) |
2009.10.27 ベランダ組 仔猫の里親が見つかりました!ねこ1ねこ1
運良く、つくば市在住の方から、仔猫のお問合わせがあり、お見合いすることになりました。平日の為、OさんとKさんがお見合いに行ってくださり、そのままお届けに行きました。兄妹の仔猫なので、引き離すのが可哀そうとのことから2匹共引取ってくださいました。

2009.10.26 子犬1匹、10月30日お届け決定です!mops
千葉市 I様に、ブルーアイの子犬を譲渡することになりました。お届けまで約1週間あるので、Oさん宅のウッドデッキは外猫さん達の居場所に戻してあげ、我が家で預る事にしました。毎朝私と一緒に出勤です。車の中で1日中大人しく待っていてくれます。お昼休みと3時の休憩には子犬を見に車まで戻ります。車から離れる際には寂しくて鳴いてしましますが…...(会社の人に見つからないか、ハラハラドキドキです。)

2009.10.25 子犬里親決定!!! (お届けしました。)mopsmops
いつでも里親募集のサイトで、里親を募集したところ7件のお問合わせを頂きました。お問合わせを頂いた中から、こちらの譲渡条件に同意頂ける方とお見合いを致しました。その結果、栃木県のT様宅とT様のご両親宅にそれぞれ1匹ずつお渡し致しました。

2009.10.24 子犬1匹+母犬里親さん見つかりました。mopsゴールデンレトリーバー
母犬は、Sさん宅で飼っていただけることになりました。母犬用の犬小屋を作ってくださり至れり尽せりです。子犬1匹は、Sさんの知り合いの方が里親になって下さいました。

2009.10.19  母犬脱走劇!
母犬を保護した翌朝、母子犬の一時預かりをしていたOさんから電話がありました。母犬は、夜通し鳴き続けこれ以上預るのは無理とのこと。私は、取りあえず会社に出社し、午後から休みを取り、Oさん宅から急いで母犬を引取りました。そして急遽犬小屋を買いにいきました。その間、母犬はずっーと鳴き続けているとお隣様から知らされました…。
翌日の昼頃、お隣様から”母犬が脱走している”との連絡を受けました。前日休みを取った為、今日はどうしても無理…。Oさんに母犬の保護依頼をしSさん宅で預って頂けることになりSさん宅へ連れて行ってもらいました。Sさん宅でも、母犬は2度脱走しましたが、今ではすっかりSさん宅の子になってしまいました。





【2009/10/24 23:22】 | 里親決定
トラックバック(0) |
犬 シーズーみたくれは悪いですが、仕草は超かわいいです。ウィンク

P1010024_convert_20091018210948[1] P1010025_convert_20091018211038[1] P1010026_convert_20091018211139[1] P1010027_convert_20091018211606[1]

2009.10.18 親犬+子犬1匹 保護!<里親募集中!>
今日は、お昼前から子犬捜索と親犬保護に向かいました。親犬を捕獲後、子供を探しましたが見つからない。昨日下水道の蓋の奥に子犬達がいたことから、今日は蓋をこじ開けて探しましたが見つかりません。一度自宅へ戻り昼食をとり、再度捜索。3時にSさんと待ち合わせをしOさん宅に保護している子犬の元へ親犬を連れて行きました。子犬は大喜び、親犬も少し安堵の表情。Oさんの家から帰宅途中、捨て犬場所を通るついでに再度チェックをしたところ、山の中の資材置き場に子犬の鳴き声が、パイプの隙間から子犬を保護。よかった。でもあと何匹いるのだろう?取りあえず、餌を置いてきました。また、山の中に捨てられたばかりと思われる仔猫も鳴いていました。保護しようと近づくと逃げてしまいます。悲しい...この活動、終わりが見えません。


2009.10.17 子犬3匹保護、明日は親犬保護予定
今日は、Oさんと子犬3匹を保護しました。農家のおばあさんは、子犬は6匹いると言っていました。
しかしおじいさんは、4匹しかみていない。と情報が錯綜。もしあと数匹残っていることも考え、親犬はそのまま残してきました。明日もう一度、子犬捜索をし親犬を保護しようと思います。
(農家のおばあさんは、明日で野菜直販所の仕事を来春まで休むそうなので、餌やりのお願いはもうできません。)必ず、親犬を捕まえなければ...。(プレッシャーニヤ

2009.10.15  恐れていた事が現実に!
木曜日の朝、いつものように捨て犬親子が出没する付近を車で通りすぎようとした時、道路の反対車線に1匹の子犬が車に轢かれて死んでいました。通勤時間帯で車が多かった為、そのまま出社しお昼休みに段ボールを持って再度現場に行きましたが、既に子犬の亡骸はありませんでした。きっと、親犬が我が子を安全な草むらに運んだと思われます。(OさんもSさんも駈けつけて下さいました。)

2009.10.12 山中に捨てられた犬、赤ちゃん発見!!
捨犬の赤ちゃんが、初めて顔を見せてくれました。2匹!!momogallo
これまで藪の中を捜索していましたが、見つからず...。
なんと!見つかった場所は、道路の下に続くU字溝の中。(写真右) ここなら、台風がきても安心!今日は、子犬の写真が取れなかった汗...。車に轢かれる前に保護したいのですが...。捕まらない!焦ります。また一時保護場所が確保できない...顔-泣顔あ
子犬は、2匹とも黒です。母親の大きさからすると小型犬≦母親>中型犬なので、子犬もそれ程大きくならないと思います。現在、両手の上にのる手のひらサイズです。

救世主が現れる!!! 
私+Oさん以外に、この犬を気にかけてくださっているご婦人(Sさん)がおり、この付近の農家のおばあさんを介して、知り合いになりました。そして、その方が、この犬の避妊手術代を負担して下さることになりました。とても頭が下がります。この不景気の最中、本当に助かります。...あとは犬親子を保護し全力で里親を探すのみです。

P1010128_convert_20090921130152.jpg P1010007_convert_20091012192754[1]

2009.09.21  山中に捨てられた犬
現在、餌付け中です。(赤ちゃん捜索中) /一時預かり宅急募! /MIX♀性格:臆病  7月頃から餌付けしていますが、まだ触らせてくれません。そのうち赤ちゃんも里親デビューします。(保護施設がない為、今から里親予約受付中!!) 宜しくお願い致します。

【2009/10/17 20:39】 | 里親募集(犬)
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
Oさん宅に、一本の電話が...きっと、捨て猫がいるので、かわいそうだから何とかしてくれ! 自分の猫が子猫を産んだので里親を探してくれ!だろうと憂鬱な気分で電話にでたようですが、なんと”私達の仲間に入れて欲しい。”との相談でした。もちろん!大歓迎です!来るもの拒まずです。詳しく話を聞いてみると、電話の主Tさんの家の近くに一人暮らしの男性が猫を多頭飼いしていたようですが、その方が、自宅で亡くなられてしまったとのこと。Tさんは、残された猫達の為に毎日餌をやりに通っています。しかしその中に子猫が5匹いるので、なんとか里親を見つけたいとのこと。それとは別に、今度はKさん宅のベランダで野良猫が2匹子供を産んでしまったと...。里親を探している子猫は、全部で9匹です。餌を与えるならば、避妊去勢を必ずしなければこの連鎖は、後を絶ちません。...ということで、以下里親募集の子猫達!! (追加分) 

↓わかめ5兄妹 ♂2匹 ♀3匹
20091014100811.jpg 20091014100755.jpg 20091014100737.jpg 20091014100723.jpg 20091014100649.jpg


↓ベランダ組 2兄弟 ♂2匹
P1010008_convert_20091014223402[1] P1010009_convert_20091014223525[1]




【2009/10/14 22:56】 | 里親決定
トラックバック(0) |
会社のTさんが、先週末に観に行った映画です。茨城県では、まだ公開未定?なのでパンフレットを買ってきて下さいました。このドキュメンタリー映画誕生のきっかけは、「動物たちの命の大切さを伝える映画を作ってほしい。お金は出します」と申し出た稲葉恵子さんという、おばあさんがきっかけだそうです。残念ながら、そのおばあさんは、2007年に映画の完成をみることなくお亡くなりになったそうです。Tさんの感想では、多少残酷な場面もありますがこの現実を皆に知ってもらえれば、どんな小さな命でも皆が大切に思うようになり捨て犬猫が減るのでは..。ホントその通りです。捨てる人の数を拾う人(保護する人)が上回れば、殺処分される犬猫の数は少なくなります。そうなれば、私ん家の家計も大変助かるのですが..。絵文字名を入力してください

P1010012_convert_20091013215102[1] P1010013_convert_20091013215149[1]

【2009/10/13 22:35】 | 未分類
トラックバック(0) |
2008年に保護した3匹の仲良し組、里親会を拒み続け、とうとう 行かず後家に..。(me too...)
毎朝の日課 キャットタワーからのスパイク!(3匹、ボール待ちカメラ)
20090128072307_convert_20091006223836[1]_convert_20091007063653[1]
(写真左から)チャロとネネは、犬の散歩中、近所の犬(故シンバ)とその飼い主が見つけました。
写真右端のしまじろうは、会社の敷地に怪我をして迷い込んだ?発見者の方がわざわざ私に声をかけてくださいました。持って帰ってくれ!と...。さもなければ怪我したまま寒い中、放置する!と言われるので仕方なく引き取りました。人に押し付ける事は、とても簡単で楽です。押し付けられた側の気持ちと大変さを思うと、私は人に押し付けることができないので里親探しをしています。犬猫のボランティアは、引取り業者でもなく、皆好きでやっているのでもありません。見てみぬふりができないからやっているだけなのです...。(正直、自分の家の犬猫で精一杯な状態です。)
http://one.coron.jp/dekiru.html"あなたにできること"ノアのはこぶねよりリンクhttp://hm.aitai.ne.jp/~ishikawa/p_memo4.htm"猫の為になにかしたいと思っている方へ" Hello Nyanko!!よりリンク

【2009/10/06 22:41】 | My Dogs & Cats
トラックバック(0) |
<パトちゃんの救出劇!>
P1010011_convert_20091004220034[1]  P1010013_convert_20091004215612[1]

今日は、Oさんとフリーマーケットの視察に行ってきました。(里親活動の資金を集める為、初参加を目指し!)帰り道話をしながら、信号待ちをしていると、鳥?子猫?の鳴き声が中央分離帯の植込みから聞こえてきました。場所は、つくば市で誰もが知る交通量が一番多い交差点です。

Oさんと私は耳を疑いながらも直ぐ右折車線に変更しハザードをつけて停車し植込みの下を覗いたところ、そこには子猫が...。後続車の追突を避ける為、車を近くの駐車場に止め直し、片側3車線を中央分離帯まで必死に横切り、植込みの下を車道からOさんと猫を救助しようとするのですが、なかなか捕まりません。

これでは、警察に通報されるのも時間の問題?(危険な場所で挙動不審なおばさん2人が何かしてる?)通報される前に呼んでしまえとダメモトで110番し、”事件でも事故でもないんですけど...私達が轢かれないように交通整理をして欲しいんですが。”と事情を説明し応援要請しました。

しかしいつまでたっても来ない!ここは警察署と目と鼻の先!業を煮やしたOさんが、おばちゃんパワー全開で”網もってきて!”と再度の通報。その後Oさんは、餌をとりに車へ戻っている間にパトカーが到着!若いおまわりさんが2人、来てくださいました。そして猫の救出にあたってくださり、無事に保護!! 私は、猫と一緒にパトカーに乗せられ自分の車のある駐車場まで移動。
事情聴取。歩道でみていた人、車で走行中の人は、きっと私が犯人?と思っていたでしょうね。

そこから2つ先の交差点の手前の植込み近くで同じ大きさの猫が轢かれていました。同一人物が、2匹を別々に車の窓から捨てたのだなと思いました。惨い...絶対許せないですね。

帰宅後、パトちゃん安心したのか声がでなくなっていました。あれだけ、大きな声でずーっとずーっと鳴いていたんだもの。皆に気づいてもらえるようにね。おまわりさんには、感謝感謝です。とても優しい方達でした。パトちゃんの寝顔をみながら、絶対良い里親さん探してあげようね。とOさんと固く誓いました。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-84827.html

【2009/10/04 22:21】 | 里親決定
トラックバック(0) |
今年、3月29日に虹の橋に旅立った”クマ♂”(左写真・右側)は、嫌われ者の”ねこっぴ♀”(左写真・左側)と大の仲良し、いつも一緒でした。クマが天国へ行く日まで、ねこっぴは看病するかのようにクマから離れませんでした。(右写真) 猫は言葉を発しませんが、愛する者への思いは人間と全く同じでした。でもクマのお通夜に備えたお供え物をねこっぴがクマの横で食べていた...。愛情と胃袋は別らしい...。

20080309091541_convert_20091003205143[1]    20090328101116_convert_20091003205236[1]

2007年7月2日 チミ♀は、虹の橋に旅立ちました。チミとは、たった5ヶ月の付き合いでした。
2007年2月の夕暮れ、国道294の道路に横たわっていたチミを保護、2週間の入院後、我が家の一員になりました。しかし幸せは長く続かず腎不全で2週間の壮絶な闘病後、私は安楽死を選びました。悩みました。どうせ助からないのなら、せめて苦しみもがくチミを、これ以上苦しめず楽にしてあげたい。辛いけれど、私がチミへ最後にしてあげられること。(苦しみから解放してあげること。)
 
P1010081_convert_20091003205750[1]P1010112_convert_20091003224739[1]

注意:動物に人間の食べ物を与え続けると、動物にとっては味付けが濃すぎてしまう為、腎臓に負担がかかります。水を沢山飲む等、症状が出始めた頃には、既に腎臓機能が70%が破壊されているそうです。一度破壊されたら元には、戻りません。末期には痙攣が伴い、辛い思いをさせてしまいます。老化も一つの要因であると思いますが、私達ができることは人間の食べ物を極力与えないようにすることです。(チミが残した教訓)

うちの子(ワンコ・ニャンコ)達には、口うるさい程、毎日こう言い聞かせています。(以下)
親孝行するんだぞ!拾ってあげたんだから死ぬ時ぐらいは、苦しまず、楽にコロって逝ってくれよ。母ちゃん、お金ないんだから...。冷たい飼い主?と思われるかも知れませんが...。一匹、看取ることは、精神的、肉体的、経済的にとても大変なことです。
でも一番大切な事は、最後のその日まで一緒にいてあげることだと思います。


【2009/10/03 22:22】 | My Dogs & Cats
トラックバック(0) |