ペット快適生活&犬猫の里親探し
2009.12.28 ゴンタの去勢手術が、無事終わりました。不幸な犬猫を増やさない為には、必要です。負担額は大きいですが、それ以上にメリットも大きいです。手術前日の21時以降は断食し、手術当日の午前中に病院に連れて行き、夕方に御迎えに行きました。動物病院の院長先生がゴンタをとても性格の良い子と褒めて下さいました。誰に対しても腰が低く、雨上がりの泥だらけ土の上でも背中を地面につけお腹を見せて嬉しいポーズをしてくれます。最近、ゴンタは一著前に自己主張をするようになりました。今は車に乗せようとすると地面にピッタリと寝っ転がって拒否します。(また捨てられると思っているのでしょうか。ゴンタ発見時は自ら車に乗り込もうとしてたのに。)
1ヶ月前は、体重が12㎏でした。でも今は24.5㎏に増えました。預ってくださっているOさんは、毎食餌を鍋一杯にして1日2回+おやつを与えているとのこと。あまりにも食費がかかるので、そろそろ食事を減らしてほしいとお願いしました。しかし可哀そうでなかなか減量に踏み切れなかったようです。散歩は、私が休みの時しかしてあげられず、ますます肥えてしまいます。そして早食い防止の器をゴンタの為に購入しました。ゴンタを預ってもらっている分際で心苦しいのですが、Oさんに1食カップ2杯でお願いしました。

【2009/12/30 00:01】 | 未分類
トラックバック(0) |
2009.12.20  取手市役所の駐車場(毎月第3日曜日)里親譲渡会開催のチラシを見かけ、早速チラシの連絡先に電話をしました。"里親希望ではないのですが~…持ち込み参加できますか?"通常、大きな動物愛護団体や他の愛護グループ等は、一般の方からの持ち込み参加は不可とするところが多いのです。一般の方からの募金は受付るが、一般の方が保護した犬猫の参加は認めない?若しくは、お金を払えば参加させてもらえるとか。ところが取手市役所の駐車場開催の責任者は、一般の方からの参加を認めてくださり、そして"自分の犬ではなく貴方の犬が決まっても誰のが決まっても良いの。不幸な犬猫が救われるのなら一緒よ!"と広い心の持ち主でした。そしてゴンタ初参加!他のワンコ達と一緒にジャーキーをもらい大喜び!しかし人足は残念ながらあまりありませんでした。でも皆(犬猫達)寒い中、頑張りました。これからも諦めずに頑張ります。
20091220113805 (2) 20091220135606 (2) 
20091220130652 (2) 20091220112626 (2)



【2009/12/29 22:44】 | 里親募集(犬)
トラックバック(0) |
2009.12.16 我家の猫"コアラ"(年齢不詳)の口から、よだれが垂れている...。
嫌な予感。クマの死が頭をよぎります...。今年3月、クマの口からよだれが...。おばあちゃん(猫)のよだれと同じ口内炎と思い動物病院に行きました。しかし猫エイズと白血病が原因でした。そしてクマは、週末まで頑張って生きてくれ私の腕の中で3月29日に天国に旅立ちました。そして今、コアラのよだれを目の当たりにし、もう少しで仕事納めに入るから、それまで何とか頑張って生きて欲しいと願いました。翌日、仕事を休んで直ぐ動物病院に向かいながらコアラの死期と自分の休みの段取りを考えました。コアラとの最期の時間を作る為に...。診察室で院長先生が”1本ガクガクしている歯がありますね。向きが悪くて口が閉まらないのかな~。麻酔なしで歯抜いちゃいますね。”あっという間に歯がとれ、口が閉じよだれは止まりました。本当によかった。もうしばらくコアラと一緒に暮らせます。(人間の子供と同じように、猫が具合悪いので仕事休みます。なんて言えたらどんなに楽でしょう。)
20071208092027_convert_20091229173608[1]



【2009/12/29 14:40】 | My Dogs & Cats
トラックバック(0) |
2009.12.18  タラとトロの写真が、M様より届きました。先住猫のウニと一緒に仲良く暮らしています。(写真左)最近、お風呂にハマっているようです。(写真右)この子達の写真を保護主のK様にOさん経由で転送しました!(大喜びでしたよ!)

091213_1143+02+(2)_convert_20091223225511[1] 091203_2312+03+(2)_convert_20091223225326[1]

【2009/12/23 23:09】 | 未分類
トラックバック(0) |
2009.12.19
この病院の小さなケージで里親を待っている仔猫は、保護主の方が飼うことになりました。
本当に、よかったです。(1匹も2匹も同じです。3匹までは...)

2009.12.13
夕方Sさんから電話があり、K動物病院にずっーと飼い主が決まらないでいる猫がいるとのこと。何とか里親を探してもらえないかとの依頼でした。直ぐK動物病院へ行き、仔猫の写真をとり仔猫の保護経緯をお聞きしました。この病院を利用している飼い主が保護したとのこと。しかし既にその方は、猫が2匹と犬が1匹いるので飼えないとのことで日割りで病院の待合室に仔猫を入れた小さなケージを置かせてもらい里親希望者を募っている状態でした。保護主は、その子猫にワクチン2回と猫風邪の治療を受けさせました。今回の件に関して私は、里親を探すお手伝いはしますが、保護主が今後また保護をした際に自ら里親を探せるようなサポートをしようと思っていました。imgsrc="http://blog-imgs-1.fc2.com/emoji/2009-12-14/470710.gif" alt="アイコン名を入力してく" border="0" style="border:0;" class="emoji">
http://www.satoya-boshu.net/keisai/c2-90082.html

20091213171636+(2)_convert_20091216234930[1] 20091213172558+(2)_convert_20091216235027[1]


【2009/12/16 22:52】 | 里親募集(猫)
トラックバック(0) |
近所で飼われている犬の「ジョン」、飼い主は、御爺さんと足の悪い御婆さん。衛生的とは言えない環境で、1日中 日光のあたらない場所で短く繋がれ、殆ど餌、水、散歩なし状態で飼われています。ジョンは、いつも道路超しに"助けてのサイン"を私に送ってきます。毎日1回、通りかかりに餌をドキドキしながら与えて早1.5年。ジョンの犬小屋も、私のプレゼント…。飼い主を刺激しないように、ジョンの世話を隠れてしてきたつもりだったのですが…。先週の日曜日、ジョンの御爺さんと偶然会った際にジョンをもう飼えないので引取って欲しいと依頼されました。ラッキーと思いました!ずーっと何とかジョンを助け出したいと思っていたので。(今以上の悪い環境は、ないので。)私は、里親を探す約束をし、ジョン連れだしOKになりました。もうジョンに堂々と餌を与え散歩に連れ出すことができます。そして”いつでも里親募集中デビュー”しました。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-42413.html
P1010011_convert_20091215225748[1] P1010010_convert_20091215230227[1]



【2009/12/15 23:11】 | 里親募集(犬)
トラックバック(0) |

そらちゃんと家族と一緒でご紹介させて戴きました。
Tファミリー物語
色付きの文字

Wさま、コメントありがとう!!
そらちゃんは、とても元気で男の子のように、
すばしっこくて、お母さんはあたふたとしています。
お姉さんは、ご飯やお水・トイレの世話をしてくれます。
お父さんとは、お昼寝が好きです。
またお便りいたします。 そらちゃんです。

コメントを閉じる▲
ティナのお写真ありがとうございます。梅&杏(体長50cm)よりも約一回り小さいとのことですが、もう立派なワンコですね。まるで自立した成犬のようです。一週間後にはドッグランデビューとの事、ティナがパワフルに走り回っている姿が目に浮かびます。ティナ一家は、アスリート一家なので、ティナもスポーティなワンコになりそうです。人格ならぬ犬格が形成されたような立派な耳と目力はなんともいえないですね。はあとスマイル
繝・ぅ繝・_091213_4+(2)_convert_20091213201407[1] 繝・ぅ繝・_091213_5+(2)_convert_20091213200619[1] 繝・ぅ繝・_091213_2+(2)_convert_20091213200326[1]
繝・ぅ繝・_091213_6+(2)_convert_20091213200533[1] 繝・ぅ繝・_091213_3+(2)_convert_20091213200422[1]


【2009/12/13 20:46】 | 未分類
トラックバック(0) |
栃木県に里子に行った梅と杏(あんず)の近況が梅ママより届きました。
子犬の時の面影を残しつつ、アッというまに大きくなりました。姉妹で貰われた幸せなワンコ達なのです。
梅と杏のお家は別なのですが、ワクチンも済んで土日は杏が梅のお家にいき一緒に散歩しているとのことです。
千葉市のティナママ!現在 梅と杏は、体長50cmぐらいだそうですよ。やっぱりどこかティナとも似ていますね。いつか親子姉妹の同窓会叶うと面白いですね。
20091212101713+(2)_convert_20091213011822[1] 20091212101732+(2)_convert_20091213011738[1] 20091212101633+(2)_convert_20091213012215[1]
茶色:杏、 黒っぽい:梅

【2009/12/13 01:27】 | 里親募集(犬)
トラックバック(0) |

No title
ティナのかーちゃん
似てます~e-451
メールで最新の写真を送っておきますね。
このブログで、梅ちゃん&杏ちゃんが姉妹で遊んでいる様子やチッチがそらちゃんの側から離れない様子を見ると、ティナにも親姉妹に会わせてやりたくなります。
お互いが認識できるうちに実現するといいな。

コメントを閉じる▲
東京都 F様、ゴンタはこんなに元気になりました。もう安心です。後はゴンタを可愛がってくださる里親を探すのみです。
ゴンタへの餌の差し入れありがとうございました。
20091211111153.jpg   20091211093941.jpg

【2009/12/13 00:56】 | 未分類
トラックバック(0) |

No title
東京都のFです
わ~い ご報告ありがとうございました~ ごんたちゃんまた 差し入れしますね~ 

コメントを閉じる▲
三毛猫♀と黒猫♂がOさん宅に引取られ、その代わりにパトラが鹿嶋市に里子に行って2週間。そして先週末三毛猫♀がまたまた鹿嶋市にご縁があり里子に行きました。三毛猫が里子に行った日から、黒猫♂が猫小屋に一人ぼっちになり三毛猫を探すようにずーっとずーっと鳴いていたそうです。また、パトラの面倒をみたりとパトラを溺愛していた直五郎(猫♂)も鳴きながらパトラを探していたそうです。あまりにも鳴き声がうるさいので、黒猫を家の中に入れたところ、この猫達に奇跡がうまれました。お互い寂しい者同士がくっついて寄り添うように添寝するようになりました。直五郎は、パトラを溺愛するように黒猫の毛ずくろいをしたり面倒を見ています。黒猫も人慣れするようにトレーニング中です。また当のパトラは、鹿嶋市の新居で先住猫2匹と打ち解け3匹でじゃれあったり添寝したりと幸せに暮らしているようです。

【2009/12/13 00:27】 | 未分類
トラックバック(0) |
鹿嶋市に三毛ちゃんをお届けした足で、柏市のTファミリー宅へそらちゃんに会いに行きました。(お見合いの日にお届けができなかった為)
Tファミリーは、創作料理&お酒のお店をしており、私とOさんの為に料理を作ってくださいました。そばの食べ方や食べ物の大切さも教わり、大変美味しかったばかりか、すごく勉強になりました。Tファミリーありがとうございました。またお邪魔させていただきます。
そらちゃんの保護主のS様に早速電話をいれたところ、そらちゃんの近況報告に大変喜んでいました。そして、またチッチのいたずらぶりを教えてくださいました。お布団をかじり綿を散らかしてしまったらしいです。しかもバッグもかじちゃったとのこと。あ”~アイコン名を入力してください

【2009/12/10 23:25】 | 未分類
トラックバック(0) |

そらちゃんへの、家庭訪問ありがとうございました。
Tファミリー物語
Wさま、Oさま、家庭訪問ありがとうございます。
Sさまの笑顔が眼に浮かびます・・・多くの皆様の、
優しさに救われております。

おかげ様で、家族の会話もふえております!!
おてんば娘のそらちゃん中心で、振り回されておりますが、
娘も本来の優しさや、愛情の豊かさが素直にでて、
おとうさんは、とても喜んでおります。

すばしっこくて、敏捷なそらちゃんに、おかあさんは、
マテーといっていますが、追いつけません。
おかあさんが、号泣の悲しみから少しづつ元気になって、
笑顔が戻ってくれれば、
Tファミリー物語も明るく楽しい家族になれます。

Wさまの日々のご活躍はブログ「そらちゃんの家族と一緒」で、ご紹介を続けていきます。
Tファミリー心より感謝申し上げます。

追伸 娘の、そらちゃんのお姉さんが、
「犬の十戒 あなたにほめられたくて」を、
たいぶ前に、買って読んでいたとの事!!
昨日、お父さんにプレゼントしてくれました。
ありがとう!!

愛ゆたかで、優しい娘に育ってくれる事が、
父として一番嬉しい事です。


コメントを閉じる▲
2009.12.6 三毛ちゃんは、お見合いをしました。すっごく優しいお兄ちゃん達とお母さん、そして捨て犬だった犬さんの家族です。三毛ちゃんは4ヶ月にもなる子ですが、気に行ってくださり本当に感謝感謝!!です。
お見合いで、三毛ちゃんはTVの裏側に隠れてしまったりと少し心配でしたが、今日お兄ちゃんから三毛ちゃんの写メが届きました。もうすっかり慣れて家中走り回っているとのことです。とても嬉しい便りでした。早速oさんに転送しました。
20091120092146+(3)_convert_20091120230657[1] 091210_1734+01_convert_20091210230033[1]
里子前                     新居でリラックス 

【2009/12/10 23:05】 | 里親決定
トラックバック(0) |
保護した黒犬は、先週の日曜日からOさん宅で預って頂けることになりました。Oさん宅の元鶏小屋を改造し、中にすのこを敷きふわふわの毛布を黒犬の為にいれてくださいました。食費と医療費は保護主持ちなので、缶詰(24個)とドライフード1袋(7kg)とジャーキー、散歩用の紐を一緒に黒犬に持たせました。しかし黒犬の食欲は、おさまることを知らず、庭に落ちている柿や洗たくばさみ等、何でも食べてしまうようです。そして見かねたOさんは残った冷飯を魚と煮込んで毎日朝夜以外にも与えて下さっているとのことです。その甲斐あって、体重が12kgから16kgに増えていました。

昨日はゴンタを動物病院に連れて行く為、Oさん宅に伺いました。庭先でOさんと話していたら、姿が見えなくても私と分かったのかゴンタはワンワンと私を呼び、お腹を見せて喜んでくれました。リードをつけたら、結構ひっぱって歩きます。信じられない程、回復していました。動物病院に行く必要もないなと感じましたが、5日後に様子を見せにきてくださいと言われたので連れて行きました。しかし獣医師が前回と同じ若いS先生ではなく、中堅獣医師O先生でした。S先生又は院長でお願いします。とも言えずしぶしぶ診てもらいました。jumee☆faceA106O先生以外の先生は、比較的良心的な診察をしてくださいます。一番は、やはり院長先生です。経験があるので余計な検査はせず、ほぼピンポイントの治療で治してしまいます。腕と人格ともに素晴らしい先生です。私は、100%の信頼をおいています。3人の若い先生達方は、比較的丁寧な診察をし検査の必要性を説明してから私の同意を得て検査しますので、納得できるのです。不安な時は、院長の意見も参考にしたいと申しても全然OKな方達です。

しかしO先生はちょっと違います。私がいつもO先生に当たりませんように。といつも心の中で思ってしまうタイプなのです。そしてあれよあれよという内に注射器をもって血液検査しますね。断る間もなく...。えっー!だってこんなに回復したのに、また血液検査するの?と思っているうちに血をとられました。本当は、元気になった姿とそして虫下しを頂きに来ただけなのに...。また私の1週間分の食費以上の金額がとられてしまう...。なのでO先生に言いました。”今日は、前回S先生に様子を見せにきてくださいと言われたので元気になった姿を見せにくるついでに、虫下しだけもらおうと思ってきました。明らかに素人目でも、元気に回復しているのがわかるのに何故また血液検査するのか分かりません。前回の検査と比較するだけなら無用です....と。”O先生は、万が一のことも考えて肝臓も腎臓が原因で貧血になったかもしれないので、年の為、お薬を出しておきますと。私は、思わず言ってしまいました。”私の家には沢山の犬猫がいる為、最低限の治療しか受けさせてあげれないのです。なので100%の治療は望んでいません。万が一長生きできなくても、苦しい思いをさせない為の治療なら理解しますが...。”と...。そしたら、治療費が半額になっていました。でも治療費を割り引いて欲しくて自分の気持ちを伝えたのではなく、ただ自分に出せる範囲の治療を望んだだけなのです...。

そして”いつでも里親募集”デビューしました。でも、まだ問合わせがありません...。
http://www.satoya-boshu.net/keisai/d2-42130.html



【2009/12/05 20:15】 | 里親募集(犬)
トラックバック(0) |
子犬(下妻編)が、柏市のTファミリーに里子に行きました。お見合い場所は、チッチの里親になってくださったSさん宅です。子犬がSさん宅に到着した途端、チッチが自分の子供と勘違いしてしまい子犬から離れません...。

柏市のTファミリーは、美味しいお酒とお蕎麦を提供するお店を経営されており、またそらちゃんブログも作成してくださいました。”そらちゃんと家族と一緒!”↓
http://blog.goo.ne.jp/soradenden1201/e/258b8a97f749eb65832899f39e917b7d 

P1010005_convert_20091204233624[1]  P1010004_convert_20091204234007[1]
そらちゃん                    チッチ

【2009/12/04 23:23】 | 里親決定
トラックバック(0) |
生活困窮者からの猫2匹を引取ってしまった0さんは、口減らしの為、0さんの命パトラを手放す決心をしました。そして2009.11.29 パトラを鹿嶋市の新しいお家にお届けしました。前日に保護した黒犬を載せ朝8時にOさんとパトラを載せ鹿嶋市に出発しました。車の中でOさんがパトラに何度も、話かけます。”お前は、良いお家が見つかるけど、あいつらはどこにも行く所がないんだよ。だから、ごめんね...と。パトラも”心配ないよ!ニャー”と返事をします。

0さんの膝の上で、パトラはお届け先まで大人しく0さんに甘えていました。黒犬は、後ろでぐったりしています。コンビニに寄りトイレをさせようとするのですが、歩くことができません。(草むらではせず、駐車場のコンビニの店員のいる前でジャー...。)鹿嶋市のS様宅に着き、パトラは、先住猫の2匹から”シャー”と洗礼を受けました。S様のお宅は、猫用のお部屋があり部屋のど真ん中に立派なキャットタワーがありました。(猫にとっては、パラダイス!!)

そして私と0さんは、安心してパトラをS様にお引き渡し致しました。帰り際0さんは、パトラに声をかけずキャトタワーの部屋にいるパトラをチラッと見て玄関へ向かおうとしました。それに気づいたパトラは、追いかけようとドアのところまで来たのですが、0さんが振り返えらなかった為 0さんの気持ちを察したかのように パトラの為に0さんが用意したオレンジの猫用ベットの中に入りじっとしていました。後でS様に電話をしたところ、パトラはそのままベットで暫く寝ていたそうです。

でも0さん曰く、良い里親さんが見つかったら直ぐ渡さないと、可哀そうな猫達が沢山後から後からやって来るんだから、これでいいの...と。そして、S様よりパトラの近況+写真が届きました。今は、先住猫ちゃんと一緒にキャットタワーで遊んだり、添寝したり...と幸せにくらしているようです。私と0さんは、ヤッター!!!ぴかちゅと叫びたいくらいに幸せな気持ちになりました。S様、パトラを宜しくね 繧ス繝ォ縺ィ繝代ヨ繝ゥ・胆convert_20091204230159[1]

【2009/12/04 13:57】 | 里親決定
トラックバック(0) |

承認待ちコメント
-


コメントを閉じる▲