ペット快適生活&犬猫の里親探し
午後1時前に警察に到着...
警察官から渡された申請書に事故発生の日時、自分の住所、身元引受人、事故の相手の名前を記入していたところ、タクシーの運転手がやって来ました。そして警察官に何やら自分が出頭した理由を伝えていました。

私は声をかけずにあの運転手が話している内容に聞き耳を立てていたら、なんとこの場におよんでも”自分が被害者である”と警察官に説明していました。もう仰天!私が別の警察官に事情を説明しタクシーの運転手がドライブレコーダーを持ってきているか確認して欲しい旨を伝えました。

タクシー運転手はドライブレコーダーを持ってきてはいませんでした。警察官が、タクシー運転手に「会社に電話して今からドライブレコーダーを警察署まで届けてもらってください」と言うとタクシー運転手は断りました。

タクシー運転手が自分が被害者と言い張っていたので、警察官2人が運転手の矛盾点を指摘し「正直に話してください。あなたが真実を言わないばかりに苦しんでいる人がいるんですよ!」と言ってくださった時に、涙が落ちそうになりました。(絶対、弱さは見せない!と堪えました)

・・・という訳で、埒があかないので警察官がタクシー会社にドライブレコーダーを見に行くことになりました。その後、現場検証に入りました。 現場検証14:30~15:30くらいまで事故当事者一人ずつ立ち合いました。

私はドライブレコーダーみていないので分かりませんが、警察官が見た上での検証だったので、自分の勘違いも多少はありましたが、私が有利に事は進んだと思います。

沢山の車が通る中での検証、すごく恥ずかしかった-...^^;
(通る車が、みんな見ていくので)


【2016/06/01 00:47】 | 交通事故
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
Big family
ありがとうございます。少しづつ良い方向に向いてきました^^

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: タイトルなし
ありがとうございます。少しづつ良い方向に向いてきました^^
2016/06/01(Wed) 23:48 | URL  | Big family #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/06/01(Wed) 14:19 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック