ペット快適生活&犬猫の里親探し
三年前の今日7月2日 チミは天国へと旅立ちました。もう私の中では既に別れの悲しさは癒え、チミとの良い思いでに変わっています。チミとは、たった半年足らずの付き合いでした。 私が、安楽死という選択をしチミの旅立ちの日を決めてしまいました。それが、良かったのかどうかは、未だ分かりません...でも一番愛する者が決めた決断。私がチミだったら...こうして欲しいと思うことが、その子達にとって最善の方法と考えるようにしています。 チミのはなし

2007年2月 やっと私の犬猫屋敷が完成(家を建てると決断をし土地探しから入居まで約半年)...野良猫達と田んぼに住んでいたピョンタを順次捕獲し避妊去勢手術をし皆()で引っ越しをしていた最中、片側1車線の旧国道を走行中 交差点付近が渋滞していました。皆、何かを避けて通ります。嫌な予感的中...道路に猫が轢かれていました。しかし、猫は動いている。私は、即ハザードをつけ猫を車に載せ直ぐ近くの動物病院に運びました。
後のチミとなる猫は、そのまま2週間の入院となりました。チミが退院をし、我家の一員になりました。チミは、当初三毛猫のネコッピと仲良しでした。しかしネコッピがチミに意地悪をするようになり、チミはイジメられないように いつも私の後をついてまわります。私のいない時間は、階段の途中のさむーい場所にぽつんといるようでした。チミ、気づいてあげれなくてごめんなさい。そして半年後に腎不全による壮絶な闘病の末、チミは逝きました。今やネコッピが、チャロとネネから意地悪される立場になっています。自分がした事は、必ず自分に戻ってくるんだね。by ネコッピ

今日は、御線香を買ってきました。霊園には、行けなかったけれど、皆でチミを偲びました。
P1010081_convert_20090922004217[1]


【2010/07/03 00:53】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック