ペット快適生活&犬猫の里親探し
彼方此方、出歩くことが多くなると捨て犬猫の遭遇率も高くなります。年末には、老犬(柴犬の雑種)がヨタヨタと餌をさがして彷徨っていました。私は車で先回りし餌を置いたのですが、目がよく見えないようでなかなか食べれません。そして山の中に消えて行きました。(犬の首に首輪の跡があったので、老犬になり捨てられたのだと推測してしまいます。)きっとこの冬はのりきれないと感じました。

御正月には、足を怪我をした茶色の中型犬を山中の道路で見かけました。せめて餌だけでも食べさせようと思い、待ち伏せをするとその犬は来た道を戻り始めてしまいました。

そして会社のHさんより、つくば市の某地区の田んぼの中に子犬が3匹捨てられているとの情報が入りました。発見者は、Hさんの知り合いの方です。毎日餌を与えているそうです。子犬であれば里親が見つかるチャンスが高いので直ぐ保護するようお願いしたのですが、その方は、そこまでしたくないとの事でした。保護さえしてもらえれば、こちらで里親をさがせるのですが…。

今回は、助けてあげたいけれど助けられない。ごねんね…と呟きながら通り過ぎます。
現在、我家では犬3匹、猫9匹+ゴンタとジョン…この頭数は体力的にも経済的にも限界を超えています。誰かが里子に行かない限り、もう保護することはできません。

捨て犬猫の受け皿は、いくつあっても足りません。蛇口を締める活動をしなければ永遠につづきます。つくば市の動物愛護団体 ”動物愛護を考える茨城県民ネットワーク”が犬猫達の為に立ち上がりました。行政に対して陳情の為に署名を募っています。つきましては御署名頂けましたら幸いです。以下URLから署名画面に入れます。つくば市以外の方からの署名も有効です。
http://www.shomei.tv/project-1400.html#page-top







【2010/01/08 23:08】 | 未分類
トラックバック(0) |

そらちゃんのブログで、Wさまの思いを伝えました。
そらちゃんのおとうさん
「今回は、助けてあげたいけれど助けられない。ごねんね…と呟きながら通り過ぎます。」

Wさまの心中・・・が伝わってきます。
今までも、きっと何度もつづいてきたことなのだと、心の痛みがわかるようになってきました。

あまりの心痛は・・・古来より「心の臓」を痛め、
怒りは「肝の臓」を傷つけると言われております。

私には何も出来ませんが、時にはお時間を創って頂き、
薬膳料理人に・・・まかせてください。
あたたかい料理と会話も、心を癒してくれます。

1月11日は、私ども家族の新年会です。
午後三時よりですが、気軽に遊びに来てくれたら、
そらちゃんも喜びます。コメンとありがとう!!




コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
そらちゃんのブログで、Wさまの思いを伝えました。
「今回は、助けてあげたいけれど助けられない。ごねんね…と呟きながら通り過ぎます。」

Wさまの心中・・・が伝わってきます。
今までも、きっと何度もつづいてきたことなのだと、心の痛みがわかるようになってきました。

あまりの心痛は・・・古来より「心の臓」を痛め、
怒りは「肝の臓」を傷つけると言われております。

私には何も出来ませんが、時にはお時間を創って頂き、
薬膳料理人に・・・まかせてください。
あたたかい料理と会話も、心を癒してくれます。

1月11日は、私ども家族の新年会です。
午後三時よりですが、気軽に遊びに来てくれたら、
そらちゃんも喜びます。コメンとありがとう!!


2010/01/10(Sun) 08:05 | URL  | そらちゃんのおとうさん #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック