ペット快適生活&犬猫の里親探し
昨日、以下のテーマの市民公開講座を受講しました。

★ 東日本大震災においての救護活動(福島県獣医師会の方)
★ 災害時の動物救護対策について (茨城県職員の方)

講座前日にボラ友から市民公開講座があることを知り、急遽、当日受付で参加する事ができました。(皆、真剣にメモをとるなか、私はペンすら忘れているし^^;)

それで私の小さな頭の記憶に残った事、思った事はというと...
(受け止め方は、人それぞれです。あくまで私の感想は。)

1. 災害時は、自分の家族(動物)は、自分で守るしかない!という事です。
  
  多くの人が行政の指示に従って動物を置いて必要な荷物をもち避難する中、
  行政の指示は無視し、犬猫を連れて避難した方が正解と思いました。

2. 悪質ボランティアの話、御祭り気分で現地入りし真実でないことをツイートしたり、
  売却する為にブランド犬のみを保護するボランティア。保護した動物の飼い主様とトラブルになるケース等。

3. 災害時に避難先で周囲に迷惑にならぬよう、避妊去勢手術、ワクチン、名札やマイクロチップをする。

4.犬の殺処分数は、茨城県がワースト!県のお偉いさん、数字での評価でしか現実は知らないのかな?
  子猫とかセンターへ持ち込まれる数よりも、捨てられ生き延びれない子も多い事を知らないのかな?

何ができるかは、人それぞれの環境によると思います。
私の場合、車に3つのケージを入れて猫3匹づつ計9匹を入れ、犬はキャンプ用のテントを張りその中で避難しようと思います。また餌のストックを少し多めに常時持つようにしたいと思います。

少しでも、上記内容が皆様の御役に立てれば幸いです。

  

【2013/02/04 23:18】 | 啓発活動
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック