ペット快適生活&犬猫の里親探し
今日は有休^^;
2日前に何故か胸騒ぎをおぼえ、犬猫がよく捨てられる某所をわざと通りました。(ここは、土手猫ウ-ちゃんがいた場所です。)

時々、その場所からお呼びがかかる心境になる時があります。(そら耳...)
いつもなら気にし過ぎ!と自分に言い聞かせて忘れる事にしています。

先日はと言うと...
その場所のもっと向こう側に用事があった為、ついでに現場を通ったと言う訳で...

ウ-ちゃんがうずくまっていた辺りに、鶏の羽がむしられた跡がありました。
↓もっといっぱい羽が散乱していました。

20130220_203735.jpg

そして道端に鶏が横たわっていました。
たぶん、死んでいる?確認しようにも後ろから車が続いてしまい止まれず...

そのまま用事を済ませに行き、帰りに確認しようと思い立ち寄りました。
しかし既に鶏の姿はありませんでした。

直ぐ近くに小さな小さな無人の神社があり、その周りの雑木林に1匹の白いワンコが何かを食べているのに気づきました。近寄るとワンコは、逃げてしまいました。

そして↓ 道端に横たわっていた鶏の残骸が残されていました。
たぶん、鶏と犬は捨てられたのでしょう。(民家もなく堤防と田んぼと雑木林しかない所に...)

20130220_203707.jpg

ここの場所は、広すぎて犬や猫の出没場所が定まらず...
私は、これまで2度程(土手猫と黒い犬の時に)保護を断念しました。

そして今日、犬の餌をもって現場に出向くと、先日の鶏の残骸はきれいに無くなっていました。白いワンコの姿も見当たりませんでした。

とりあえず餌を置きました。
逃げ惑う鶏は(飛べないし足も遅い)すごい恐怖、生き地獄だったと思います。そして捨てられたワンコもお腹を空かせて、生きるのに必死だったと思います。

田舎の奥地に行けば行くほど、人間も行政も遅れています。教育されていない役人に動物保護をもちかけても話は通じません。保護なんて言っている私が変わり者扱いされてしまいます。(悲)

その日は、3匹の首輪のついたワンコを見かけました。
1匹は、畑の中、あとの2匹は道路沿いを歩いていました。

この時期に放すのは、気性の荒くなるオス犬でしょう。
そして程なく子犬が生まれ5月くらいに捨てられるのでは?と思います。

その足でホームセンターに行き、ぶらりぶらり^^;
そろそろ、キャットタワーを完成させないと...棚とか作ろうかな?
なんて...休みに入ったら毎日ホームセンターに入り浸りそうです♪

何も買わずに帰宅...
夕日をみる度に、また1日終わってしまう(焦)みたいな気持ちになります。
休みの日は、あっと言う間に過ぎてしまいます^^;
子供の頃は、1日がとても長かったと記憶していますが、今は1日が凄く早く感じます^^;
「ジャネーの法則」年齢を重ねるほど時間は短く感じるみたいです。

時間に使われてはいけない^^; 時間を使わなければ...(焦)

20130220_204009.jpg

【2013/02/20 22:31】 | 未分類
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック